プレカット
Precut

質の高い木材住宅部材

AQ高耐久機械プレカット

木造住宅の柱や梁の継ぎ手、仕口を従来は手工具で加工していたものを機械で行う技術です。設計図の情報をコンピュータ ーで読み取り、それを全自動加工機によって切削することで精度の高い柱や梁を生産します。

プレ画01

プレカット加工の特徴

1.コンピューター利用による合理的設計・加工システム
2.防腐・防蟻処理による優れた耐久性
3.継手部材の高い加工精度による耐震性
4.工期の短縮によるコストダウン

プレ画02

受注から納品までの流れ

  • 図面CAD入力
  • アイコン
  • 見積り
  • アイコン
  • 木びろい・検品
  • アイコン
  • 加 工
  • アイコン
  • 検品・出荷準備
  • アイコン
  • 指定場所納品

設計(一級建築士事務所)

建築図面に基づいて、コンピューターに木材の加工部位、加工形状等を入力します。

プレ画3 プレ画4

カットの種類

オートメーション化されたラインに沿って機械が正確に木材を加工して行きます。木材乾燥や防腐・防蟻処理を行い、質の高いプレカット材に仕上げます。

  • 横架材
  • 床パネル
  • 羽柄