TOP > 業務内容 > 集成材

Business Outline

業務内容

業務内容(ファーストウッドとは?)集成材LVLプレカットリサイクル購買部設計・CAD物流体制環境への取り組み
Laminated Wood

集成材

JAS認証 構造用集成材を生産

集成材とは、長さ・太さ・強度などを目的に合わせてつくり出し、必要とされる強度を安定して発揮できる画期的な建築材料です。
大きく分けて、造作用集成材と構造用集成材があります。造作用集成材は、家具やカウンター、階段の手すりなどに用いられます。
構造用集成材は、柱、梁などに用いられます。

集成材

集成材の特徴




反り、曲がりに強く、堅固な家壁を実現

スーパーエンジニアリングウッドである集成材は、断面寸法の小さい木材(板材)を接着剤で再構成して作られる木質材料で、幅、厚さ、長さ方向を自由に接着調整することができるため、長大材や湾曲材を製造することが可能です。集成材はひき板(ラミナ)の段階で天然乾燥に加え、乾燥装置を用いて、含水率を15%以下まで乾燥して、狂い、割れ、反りに強い構造を作り出しています。

無垢材の約1.5倍の強度

木材の持つ、大節、割れなどの欠点を製造工程において除去し、小さな節等の許容できる欠点は製品内に分散されることで、強度のばらつきが少なくなり、品質が均一化されます。従来型の無垢材の1.5倍の強度を発揮します。

火に強く、内部強度を維持

表面の木材は燃えますが、断面が大きくなると表面は焦げて炭化層ができ、内側への酸素の供給が絶たれるため、内部は燃えにくくなります。
そのため、内部の強度は維持され、構造上の必要な強度を保ちます。建築基準法令でも集成材の防火性能が認められています。

経年劣化しにくく高い強度を維持します

木材の持つ、大節、割れなどの欠点を製造工程において除去し、小さな節等の許容できる欠点は製品内に分散されることで、強度のばらつきが少なくなり、品質が均一化されます。さらに、曲がりや反り、割れなどの経年劣化が起こりにくく、躯体の強度を長期にわたって維持できます。

集成材生産の手順
製材

日本国内・北欧を中心とした海外から仕入れた丸太から木材製品を切り出します。

皮剥

ここで剥がれた皮も、バイオマスエネルギーとして工場の発電等に再利用します。

切断

挽き板(ラミナ)

天然乾燥

木材の含水率を均一にするため風通しの良い状態にして約3ヶ月天日乾燥します。

人工乾燥

含水率を15%以下にまで落とし、反りや割れを防ぎ、強度をあげる為、約1週間人工乾燥します。

グレーディング・仕分け

板に加える加重をたわみの関係から強度を判定し選別します。水分検査、強度検査、外観検査のデータを元にグレードごとに仕分けします。

クロスカット

木材の欠点である大節、割れ、腐れ、虫食いなどの不要な部分をとりのぞくために、カットします。

フィンガージョイント

クロスカットした材にフィンガージョイント(手の指状)加工をほどこし、長尺の材を製造します。

ラミナ切削(板削り)

木の表面の微妙な凹凸を毎分150m処理する高速モルダーで均一に削り、板の寸法を整えます。

積層接着

ラミナーに水性高分子イソシアネート系接着剤(ノンホルマリン性)を塗布し、積層、圧着させます。

プレス&仕上げ加工

接着作業で生じた凹凸をモルダー(自動かんな)で削り、表面を滑らかに加工し、寸法を整えて仕上げます。

検品・出荷

製品1本1本厳しくチェックし出荷します。

業務内容(ファーストウッドとは?)集成材LVLプレカットリサイクル購買部設計・CAD物流体制環境への取り組み
集成材
LVL
プレカット
事業パートナー様募集
木質バイオマスの工場
全国展開の物流ネットワーク
各種資料ダウンロード
       
飯田グループホールディングス株式会社